2017年11月22日水曜日

■パターソン■ニュージャージー州パターソン

ジム・ジャームッシュ監督 2016
〜23Paterson〜
主人公の運転するバス。
主人公の名前もパターソン。
この映画、幾つかの繰り返しが、あちこちに散らばっていて、たぶん、大体回収したはずだけど、取りこぼしがあったら悔しいかも。
久々のジム・ジャームッシュ。
このひとがストレンジャー・ザン・パラダイスで脚光をあびたとき、すぐファンになってしまった。あれから何年経って、何本作品観れたかな?
トム・ウェイツを知ったのも、スクリューミンを知ったのも、このひとの作品のおかげ。
ほんとすき。
でもこの頃は、ヴィム・ベンダースにベクトルが傾きつつあるかな?
なんて言いながら一押しはクリストファー・ノーラン様だけど♪ 
それてしまった。
この映画、カンヌでパルム・ドッグ賞を受賞している。
ふふ、カンヌ、なんて粋な計らいなんでしょう。
一日一日が淡々と、きらきらと、輝きながら穏やかに過ぎていく
主人公のパターソンはとても優しい。
彼が創る詩は、よどみなくまるで滝みたいに言葉が流れ落ちていく。
妻は綺麗で、いつも前向きで人生を楽しんでいる。
二冊目のシークレットノート。
いけない、書きたいけど、やめとこ。
パターソンの同僚のインド人のおじさん(リズワン・マンジ)が可笑しかった。
ああいうキャスティング、絶妙だ。

2017年11月14日火曜日

■ボブという名の猫 幸せのハイタッチ■

先週2度目の「ダンケルク」に続き、本日もイギリス映画。
この間ダンケルクのラストで、「イギリス王のスピーチ」を思い出したんだが、きょう観た映画はそのイギリス王のスピーチのプロデューサーが参加している。
その匂いがして、心地よかった。 
そう、暖かさと芯の強さ、品格、かな?
品とか、誇りって、人として持っていなければいけないものだと、改めて感じた。
それを心で伝えてくれるボブ。
う、なんて、素敵な。
人より頭いいんじゃないか、人より繊細なんじゃないか。
人よりも上。
監督が、ロジャー・スポティスウッド。
サム・ペキンパー映画の重鎮だったという人。
さすが。
音楽、ほっとする。
心地よい。
サントラ買うかも♪
なによりも、コヴェントガーデン。
大好きな場所。
マイ・フェア・レディもあそこが最初のシーンだし、当方の商売の原点もあの場所。
そう、コヴェントガーデンのアンティークのマーケットで初めて仕入れをした。忘れがたい。行ってた頃と、全然変わっていないようだ。
あそこで歌うのは、いい。
誰でも立ち寄るところ。
あんな感じのスペースって東京にはない。
ここなら、自由にしていいよって場所。

ボブとジェームスは、いろいろな人に愛されているけど、妬みもたくさんあって、トラブルにも幾つか遭遇していたのか。
映画みるまで、会った途端に、2人はハッピーみたいなのを想像していたけど、そうじゃなかった。
きっと、ボブがいなかったら、ジェームスは沈没していただろう。
ずっとこのまま映画の後も幸せであり続けて欲しいと願わずにいられない。
ボブ、長生きしてね♪
ずっと、ゴロゴロだよ〜。

2017年11月5日日曜日

■古今亭菊龍稽古会11月3日(金)■三井の大黒、千早振る

とても久しぶりで菊龍師匠のお稽古会に\(^o^)/
駅がすっかり変わっていて、またまた迷子に。
なんでか、ちっとも覚えられない。
だいたい、この稽古会、2回に1回くらいは、迷っているような気がする、、、^^; 
とにかくたどり着き、いつもの皆さんとご挨拶できてほっとする。

この日は「三井の大黒」と、「千早振る」
どちらも、かなり久しく聴いていなかった。
師匠も久しぶりという。
途中でつっかえるから、時間かかるよ、と前置き。
ああそうか、左甚五郎の噺だったっけと思い出す。
「ポン州になりたかった〜〜」
っていうところ、変でおかしくて、すごく好き♪
あの言い方が嵌まる噺家さんって、いない気がする。
それにしても、いま、その大黒様って、三井に有るのかな。
運慶先生の恵比寿様といっしょに並んでいるのかな。
フィクションなんだろうけど。観てみたい。

千早振る
これって前座噺だったのか。
知らなかった〜。
だけど、こうされてしまうとね、在原業平朝臣が創った傑作和歌が、もう、この意味になってしまうんだよねえ(笑)
以前、和歌披講のお稽古のとき、たまたまお正月にこれを披露するということになり、練習を、となったとき、一読で吹きそうになって困った。幸い、予定がまったく合わなかったので、お披露目にも稽古にも参加せずに済んだ。もしも参加していたら、いちいちにやついて、妙な奴と思われたに違いない。
で。
菊龍師匠の千早は、突如浪曲が混ざっちゃう。
円菊師匠に教わったとか。
ばっちりだった。
もしかしたら、師匠は少し恥ずかしくて、嫌だったかもしれないけど、あれは抜群。またやってほしいな〜〜♪

2017年10月18日水曜日

■ダンケルク■ぐさっと!濃密なノーラン監督との時間

密。まるで、ノーラン監督とふたりっきりでいるような。
言葉のない会話を続けているような。
海のザブン、ちくたくちくたく、鼓動。

2017年、イギリス、アメリカ、オランダ、フランス合作

セリフが極端に少ない。
主人公的な役割を担うフィン・ホワイトヘッドは全体で5分も喋っていない。

マット・デイモン系の顔、ノーラン様はお嫌いなのだろうか? それとも好きなのだろうか?
ハリー・スタイルズ、ちょっと似ている。

今回知ったこと。
ダイナモって、この撤退作戦のことだったんだ。
この親子と、友人のジョージ、気骨があって素晴らしい。

観るまでは、戦勝国側の映画は辛いなあという気持ちがあったが、観終わってみると、やっぱりちょっと悲しい。
だが、それはラストのみで、全編そういう気分になることはなかった。
むしろ、この気質が羨ましく、生まれ変わったらイギリス人がいいなと。普段はばらばらなのに、ピンチになると団結して事に当たれる、なにを差し置いても、それが優先であると皆信じている。
観終わったときの気持ちは、「英国王のスピーチ」とほぼ同じ。


空を縦横無尽に駆け抜けるスピットファイヤー!
この飛行機が主人公かな。

海も空も陸もノーランカラーに染まって、長い長い100分だった。
また観よう。
今年のナンバー1。
と思うけど、まだホドロフスキー始まってないなあ。 

2017年10月12日木曜日

■両国寄席■10月9日五代目円楽追善興行■主任萬橘

あわわわ〜
なんと!
4月の朝橘真打昇進以来の寄席。
聴きたいと思い焦がれていた萬橘の「死神」なのである。 
             ↑菊春の代打ちで小歌師匠。
ちょっと遅れていったので、仲入りくらいからだったかな。
母心が大いにウケて、ちょっとばっかり落ち込み気味の萬橘の枕。
噺家に向いていないんじゃないか、という自虐ネタだったけど、噺が始まるやいなや、、、、すごっ。
ってこんな書き方すると落語通には馬鹿にされるな、ははは。
いや、なんというか、聴きたかっただけのことはある!
これほどとは。
いままで聴いたどの死神よりも、主人公の死神がおっかないのだ。
萬橘のひとりひとりの登場人物の描き分け、この世のものと、そうでないものの、違い。鬱蒼としている死神の風体。
追い詰められた人間の捨て鉢な雰囲気。
わかる、この気持ち、といっとき共感させるのだが、そこにとどまらず、すぐ次の展開へもっていく運びの良さ。
抜群のテンポ、間合い。
そう、間。
あの間は、言葉で言い表せない。
聴いてみて確かめるしかない。

いつぞや、広瀬さんが、萬橘さんの死神は鬼気迫るといっていたが、ほんとうだ。
あまり鬼気迫るという言い方は好きじゃないのだが(昔散々使ったので、いま、思い返して恥ずかしいので好きじゃない^^;)、ぐっとくる表現だなあ。 
今年のうちにもう一回くらい、萬橘聴きにいきたい♪

2017年9月26日火曜日

■教授のおかしな妄想殺人■エマストーンはきれいだなあ

ううん、一応、ラベルはブラックコメディいれたけど。
どうなんだろう。
だって、一度だって笑ったかな??
たぶん、笑ってないし(笑)

ま、久しぶりの映画鑑賞だったこともあり、調子がでていなかったのかもしれないけど。
そう、実に久しぶり。
ずっと、ひきこもり。
というか、出ることができなかったというか。
やっとぼちぼち、外出できるようになったというか。 

めでたい映画鑑賞復帰第一作は、ラ・ラ・ランドが印象深いエマ・ストーンがヒロインの、「教授のおかしな妄想殺人」

2015年
ウディ・アレン監督 

ウディ・アレン・・・どうなんだろ、好みが別れる監督。
なぜかな、風貌かな?
キャストは魅力的。
いつも、あー、ウディ・アレンかあ、でも、コリン・ファースだし〜いっか、みたいなノリで選んでることが多い。
今回だって、エマ・ストーンなら!だったし。

なにはともあれ、エマ・ストーン観たいなあということで。
これは、ラ・ラ・ランドの前年ってことになるのか。
ラ・ラ・ランドのエマ・ストーンのほうが美しかった。
いやあ、この作品だって、充分美しいけど。
やっぱり、ウディ・アレンは人間の醜い部分とか、リアリティを求めてるようだし、あちらはミュージカルで、そういった部分は削ぎ落としているし。
っていう違い?
エマ・ストーンの服装が、夏らしく軽やかで、健康的なセクシーさ。それでいて、上品な雰囲気がよかった。

少し想像していたのと、違うかな。
って最初に戻るけど。
ちょいと重め。
それはそれで悪くない。
主人公はホアキン・フェニックスって、なんと、Her の人。
あの主人公もやや難解な人物だったっけ。

2017年8月21日月曜日

■アスファルト・ジャングル■どうしたって、マリリンモンローが♪

1950年アメリカ。
ジョン・ヒューストン監督。
シネマヴェーラ”フィルム・ノワールの世界”最終日。
最終週は黒澤満セレクション。
このプロデューサーさんは、松田優作で大ヒットを飛ばした人。 
スターリング・ヘイデン主演 すこし調べていたら、こういうのがでてきた。
“映画史上最も美しい男優”(パラマウントスタジオによるキャッチコピー)
たしかに。
すごく大きくて、ときどき憂い顔になるこのひとは誰?と思っていたけど、やはりそういうひとだったのか。
そして、最初、ケビン・コスナー?って一瞬なってしまった。
似てるかな、似てないかな。
素敵でソフト帽が似合う感じ、似てないかな。 
それにしても、ツッコミどころが多くて。
どうして、刑務所に入る前に立てた計画なら、その後の見直しをしないんだろう?
何年も経ってるのに。
ってちょっとネタバレになってしまうから、やめ。
マリリン・モンローが、演技抜群で、キュートでチャーミングで綺麗で、エロエロで♪
ひとつ文句があるとしたら、あまりにも出番が少ないってこと。
もっと観たかった。
ジェームズ・ホイットモア、渋い。
脇役がいいと、映画は確実にランクアップする。 

ドクのめくる相当ぼろぼろになったカレンダーはアルバート・バーカスのバーカスガールだったよね。
あのカレンダー欲しいなあ。。。 
主人公の恋人ドール( ジーン・ヘイゲン)
泣けちゃう。